【極上レシピ】アルファ ロメオ・ステルヴィオ/ジュリア きらりと光る伝統と日常性

公開 : 2021.11.05 11:40

SUVらしく、それ以上にアルファ ロメオらしく

アルファ ロメオは伝統的にスポーティなモデルを生み出すブランドであり、その血統はSUVのステルヴィオにもしっかりと受け継がれている。

だが今回ステルヴィオ・ヴェローチェをドライブしていて、運動性能と同じくらい使い勝手の良さも強く印象に残った。

乗り降りにちょうど良いシートの高さや優れた視界。即座にスマートフォンと連携し、直感的に扱うことができるインフォテインメント。

ステアリング上のスイッチで操作できるレーンキーピング機能が付いたACC等々。

現代の実用車に欠かせない装備を一通り備えつつ、アルファ ロメオらしいスポーツカー的なドライバビリティも同居している。

まるで2台のクルマを使い分けているような感覚すらある。

ターボで過給され、280psを4輪に供給するエンジンにも二面性が感じられる。

ターボの効果が期待できないようなタウンスピードでも必要にして充分なトルクが感じられる一方、ステアリング裏のシフトパドルを操ってエンジン回転を高めれば、イタリアン・ユニットらしい強烈な加速が味わえる。

ステルヴィオに元から備わっていたラグジュアリーとスポーティという二面性をさらにくっきりと強調してくれるのが、シフトレバー横のダイヤル、ALFA DNAドライブモードシステムだ。

D(Dynamic)、N(Natural)、A(Advanced Efficiency)という3つのモードによって、シーンごとの走りの完成度をさらに高めることができる。

SUVらしい、でもそれ以上にアルファ ロメオらしい。

ステアリングを握れば、ステルヴィオの完成度の高さは容易に理解できるのだ。

アルファ ロメオの新型車 公式サイトをみる

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

人気テーマ

おすすめ記事