アストン マーティン・ヴァンテージF1エディション なぜコレクティブル確定なのか

公開 : 2021.11.12 11:55

F1エディション、何が違う?

いわば、サーキット志向ではあるが、F1というレーシング・ファミリーの一員としてサービス・カーとしてのチューニングが施され、特別なエンハンスをかけたロードゴーイング・バージョン、それがヴァンテージF1エディションなのだ。

手始めに、4.0L V8ツインターボの最大トルク70.0kg-mはそのまま、それが持続するトルクバンドを拡げ、ピーク出力は+25psの535psとされた。

また8速ATもロックアップを向上させ、トルクデリバリーのダイレクト感と正確性を高められているという。

さらに空力についても、最高速度でノーマル比+200kgものダウンフォースを発生させるようフロントとリアのエアロキットに手が加えられ、車両全体のバランスが最適化されている。

ブラックレザーとグレーのアルカンターラ張りで、ライムグリーンのストライプが施されたシートに身を任せ、都内を走り出す。締め上げられた足まわりであることは即座に伝わってくる。

ステアリングスポークの上、3時と9時の位置に、エンジンとシャシーそれぞれのプログラムを「スポーツ/スポーツ+/トラック」の3段階づつ、別々に設定できるボタンがある。

デフォルトのスポーツなら、むしろ微低速域の上下動はしなやかで、固さは感じさせない。

ステアリングの操舵フィールも、中立付近から鋭いがサスのストロークも十分に感じられ、街乗りでも痛痒はない。

スポーツプラスから先を試すべく首都高に踏み込んでみた。

アストン マーティン・ヴァンテージF1エディション 公式サイトをみる

記事に関わった人々

  • 執筆

    南陽一浩

    Kazuhiro Nanyo

    1971年生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。ネコ・パブリッシングを経てフリーに。2001年渡仏。ランス・シャンパーニュ・アルデンヌ大学で修士号取得。2005年パリに移る。おもに自動車やファッション/旅や食/美術関連で日仏独の雑誌に寄稿。2台のルノー5と505、エグザンティア等を乗り継ぎ、2014年に帰国。愛車はC5世代のA6。AJAJ会員。
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事


アストン マーティンの人気画像