レーサー山野哲也選手が唸った! なぜABARTH 595は刺激的? プロ目線で解説

公開 : 2021.11.19 13:05

安全に気持ちよく走らせるコツ

「軽快に走りたい人は標準のABARTH 595のほうが気持ちいい。路面からの突き上げも少ないし、路面の凹凸もいなしてくれます」

「いっぽうでサーキットまで視野に入れて、限界スピードを上げたい人はCompetizioneがいいですね。パフォーマンスで言えばこちらのほうが高いです」

同じABARTH 595でも、標準仕様とCompetizioneではまるで別のキャラクターを持っているといっていいのかもしれない。

ところで、ABARTHで峠道を安全に気持ちよく走るには、何を意識すればいいだろうか。

「ワインディングロードで一番大切なのはライン取りです。ラインの取り方によって安全性がまったく違ってきます」

「レースで基本となるアウト・イン・アウトを意識した走行ラインを選び、なおかつコーナーの半径にあわせて速度コントロールをするのが大切です」

「それが安全に繋がるのです」

そのためにはどうすればいいのでしょうか?

「まわりをよく見ることです」

「全体像としては山肌や森林を見ます。でも詳細な像としては車線脇の白線を注視します。『遠くを見て、近くを見る』をなるべく短時間で繰り返すことで、この先の曲がり方を予測できるのです」

「あとはカーブミラーも。カーブミラーの角度が浅いか深いかで曲がり方のきつさの予測がつきますね。それらが先を読む助けになるんです」

「また実際よりもきついコーナーに対応できるように余裕を持っておくことが大事です。見えるものすべてから想像力を働かせるようになると、運転が洗練されます」

「それがワインディングロードの安全な走り方ですね」

標準のABARTH 595もABARTH 595 Competizioneもエキサイティングな走りが自慢だ。

その刺激的な走りはドライバーを楽しませてくれるのは間違いない。

それはこの日の山野選手の表情が、なによりも的確に語っているのではないだろうか。

記事に関わった人々

  • 語り手

    山野哲也

    Tetsuya Yamano

    1965年生まれ。帰国子女、上智大学卒。自称「車庫入れマニア」。60km/hを体験する前にバックスピンターンをマスターしていたらしい。スーパーGTでは唯一無二の3年連続チャンピオン、JAF全日本ジムカーナ選手権ではなんと100勝を超えており、自宅では金メダルでコイン落としゲームをしている。茨城県表彰特別功労賞受賞。守谷市もりや広報大使、東京オリンピック聖火ランナー。
  • 執筆

    工藤貴宏

    Takahiro Kudo

    1976年生まれ。保育園に入る頃にはクルマが好きで、小学生で自動車雑誌を読み始める。大学の時のアルバイトをきっかけに自動車雑誌編集者となり、気が付けばフリーランスの自動車ライターに。はじめて買ったクルマはS13型のシルビア、もちろんターボでMT。妻に内緒でスポーツカーを購入する前科2犯。やっぱりバレてそのたびに反省するものの、反省が長く続かないのが悩み。
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。
  • 協力

    アネスト岩田ターンパイク箱根

    Anest Iwata Turnpike Hakone

    アネスト岩田ターンパイク箱根は、小田原から箱根や伊豆を結ぶドライブウェイ。道幅が広くカーブも比較的緩やかで、快適なツーリングを楽しめる。箱根小田原本線の終点にあるアネスト岩田スカイラウンジ(箱根大観山)では、富士山や芦ノ湖、相模湾や伊豆諸島など、360°の絶景を見渡せる。沿線には桜/紫陽花/紅葉などの植栽があり、四季折々の景色も魅力。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事


アバルトの人気画像