【上からはよく見える!】ジムニーで検証 データシステムのハイマウントリアカメラキット

公開 : 2021.11.28 10:05

バックミラーへの出力もOK

車両との一体感を実現したのはデータシステム独自のアイデアで、リアウインドウ用ウォッシャーノズルの取付穴を利用しての装着。そのため取付けに際して車両側の加工作業は一切不要だ。

ハイマウントリアカメラキットは、好みに合わせて角度調整をする機構まで備わっている。もちろんクルマを手放すときに純正状態へ復帰させるのも簡単。

ちなみにウォッシャーノズルはカメラの隣に移設するので、機能を損なう心配がなく従来通りに利用できる。

ハイマウントリアカメラキットRCK-91J3は、取付け時に車体の加工が不要。カメラの角度調整できるので、映したい方向に手動で向きを調節できる。

カメラの映像出力端子は汎用のRCA形式を採用しており市販カーナビのバックカメラ用端子にそのまま接続が可能。

データシステムがラインナップしている「スーパースリムモニター」や「バックミラーモニター」と組み合わせるのもオススメだ。

バックミラーモニターLTM6023IIに、ハイマウントリアカメラの映像を出力することもできる。

写真はバックミラーモニターLTM6023IIに、ハイマウントリアカメラの映像を映し出したもの。リバース操作に連動してリアビュー画面に自動で切り替わる。

週末の遊びも、ウィークデイの買い物も

ジムニーの本領を発揮してアウトドアやキャンプを楽しむ際には、横開きのリアゲートが開きやすい位置を見極めるのに便利だし、後方の障害物と背面タイヤとの間隔をつかめるので重宝するだろう。

人やクルマの往来が激しいスーパーマーケットの駐車場や高速道路のパーキングエリアなどでは、高い位置から周囲の状況を広く確認できる。

「ハイマウントリアカメラキットRCK-91J3」の発売日は、2021年11月26日。

適合するのは現行型のジムニー(JB64W)、ジムニーシエラ(JB74W)で、年式は平成30年7月から現在まで。価格は2万7280円だ。

登場から3年を経ても人気が衰えないモデルとあって、ジムニーのアフターパーツはこれ以外にも揃っている。

関連テーマ

おすすめ記事


データシステムの人気画像