ジープ新型グランドチェロキーL いざ試乗 ガラリと変わったフラッグシップ

公開 : 2022.01.26 09:00

新型ジープ・グランドチェロキーLサミット・リザーブに試乗。従来型から大きく変わりました。

もくじ

フラッグシップがモデルチェンジ
品格のある外観 気品ある佇まい
逞しさ→都会的 高い質感の内装
新型グランドチェロキーL いざ試乗
絶妙な味わい もたらした正確性

フラッグシップがモデルチェンジ

AUTOCAR JAPAN sponsored by Jeep Japan

ジープのフラッグシップSUVであるグランドチェロキーが10年振りとなるフルモデルチェンジを受け、5世代目に生まれ変わった。

現時点で日本に導入されているのはグランドチェロキーLと呼ばれる3列シート仕様で、リミテッドとサミット・リザーブの2グレードが用意される。

このうち、今回試乗したのは上級グレードのサミット・リザーブ。もっとも、両グレードともパワートレインなどは共通。

サミット・リザーブは快適装備がより充実しているほか、2列目シートが3人用ベンチシートのリミテッドに対し、サミット・リザーブでは2人用のバケットシートとなるなど、一層豪華な設定となっているのが主な違いである。

エンジンは排気量3.6LのV6自然吸気式を搭載。286psと35.1kg-mを生み出す。

ギアボックスは8段ATで、クォドラトラックIIと呼ばれる4WDシステムを介して4輪を駆動。本格的なオフロード走行に必要不可欠な副変速機が、この新型グランドチェロキーLにも装備されていることはいうまでもない。

ボディ構造は先代に引き続きモノコック式を採用。サスペンション形式は前後ともマルチリンク式だが、サミット・リザーブにはクォドラリフトと呼ばれるエアサスペンションが装備されているので、オンロードでは優れた乗り心地とハンドリングのバランスを、そしてオフロードでは余裕ある最低地上高を生かした高い走破性が期待できそうだ。

エクステリアデザインの進化も実に印象的だ。

ジープ新型グランドチェロキーL 公式サイトでみる

記事に関わった人々

  • 執筆

    大谷達也

    Tatsuya Otani

    1961年生まれ。大学で工学を学んだのち、順調に電機メーカーの研究所に勤務するも、明確に説明できない理由により、某月刊自動車雑誌の編集部員へと転身。そこで20年を過ごした後、またもや明確に説明できない理由により退職し、フリーランスとなる。それから早10数年、いまも路頭に迷わずに済んでいるのは、慈悲深い関係者の皆さまの思し召しであると感謝の毎日を過ごしている。
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。

関連テーマ

おすすめ記事