アウディA3スポーツバック 1.4TFSI SE

■どんなクルマ?

アウディA3のガソリン・モデル、1.4TFSI SEスポーツバックだ。多くのドライバーが英国では2ℓのディーゼル・モデル、2.0 TDIを選ぶとは思うが、この1.4TFSIは、ディーゼル・モデルよりも2,000ポンド(29万円)安いだけでなく、105kg軽く、ハンドリングは鋭く、より優雅で、レスポンスに優れる。確かに、パフォーマンスは若干不満を感じるかもしれないが、総合的な経済性を加味すれば、それも満足のいく数値である。

■どんな感じ?

この5ドア・アウディの魅力は、3ドアよりも35mm長いホイールベースになる。それは、このクラスで最大級のブートスペースを持っているということだ。そのため、セカンド・シートは、ヘッドクリアランスこそやや不足しているが、フット・スペースは充分だ。従って、これよりもユーティリティに優れるクルマを求めるということはないだろう。

あた、A3は、その高級な装備も含めて、運転することに特別な配慮がいるクルマではない。他のA3同様、フォルクスワーゲン・ゴルフはフォード・フォーカスのスペシャル・ダンパーを装備したモデルのレベルにまでは達していないが、その乗り心地は良い。但し、ステアリングに関しては、若干ながらコミュニケーション不足を感じる。

そのエンジンは、4気筒ディーゼルとは異なり、素晴らしく柔軟で、バランスのとれたパワー・デリバリーを見せる。レスポンスもディーゼルよりも鋭い。右足に込める力に素直に反応してくれるエンジンだ。もちろん、2.0 TDIよりも高回転型だ。

とにかくバランスには長けたクルマであり、きれいなコーナリングを見せてくれるだけでなく、向かった方向へ鋭くダッシュしてくれる足回りを持つ。

もし、オプションの18インチ・ホイールと、スポーツ・サスペンションを選ぶのであれば、その評価は更に高まるはずだ。ハイ・スピード領域で、リバウンドに対する処理がより一層よくなるのだ。

■「買い」か?

高いマイレッジを望むモーターウェイ中心のユーザであれが、2.0TDIは魅力だろう。それは燃費の差は大きいからだ。しかし、そうでないのであれば、1.4 TFSIは魅力的な選択だ。フォード・フォーカス・エコブースト、アルファ・ロメオ・ジュリエッタ・マルチエア、そしてフォルクスワーゲンTFSIなどがライバルとなろう。そして、あなたが、その他の部分を含めてアウディに魅力を感じるのであれば、それで決まりだ。

(マット・ソーンダース)

アウディA3スポーツバック 1.4TFSI SE

価格 19,825ポンド(287万円)
最高速度 202km/h
0-100km/h加速 9.5秒
燃費 21.7km/ℓ
CO2排出量 123g/km
乾燥重量 1280kg
エンジン 直列4気筒1395ccターボ
最高出力 120bhp/5000-6000rpm
最大トルク 20.5kg-m/1400-4000rpm
ギアボックス 6速マニュアル

 
最新試乗記