マツダ6ツアラー2.2D 150 SE-L

■どんなクルマ?

マツダの擁するフルサイズ・サルーン/エステートである6(日本名:アテンザ)が2015年版のミドル・ライフ・フェイスリフトを受けた。

他ライバルが急ぐリニューアルに遅れをとらないために、インテリアとエクステリアのスタイリング変更、パワートレインとシャシーの改良、予防安全装置の追加、標準装備の充実を図っている。

エクステリアの意匠変更がとくに顕著に見られるのは、なかでもトップ・グレードに位置するスポーツ・ナビ。ラジエーター・グリルは迫力を増し、その上部にはクロームのグリル・バーが加えられた。

さらにLEDヘッドランプが標準となり、同じくLEDのフォグライトと19インチのアロイ・ホイールがこのグレードでは標準となる。

完全なる新設計のインスツルメント・パネルやセンター・コンソールを含むその他の意匠変更、さらにはマルチメディア・セットアップや電子制御によるパーキング・ブレーキは全グレードに適合される。

パワートレインとサスペンションの機械的な変更は、おもにコーナリング時のロール・マナーの改善を目的としたもの。ダンパーとブッシュはソフトな設定になっており、防音材の追加とあいまって車内はより静かになる。

エントリー・グレードの標準装備は、ヒーター付きドアミラーに17インチのアロイ・ホイール、DABラジオ、MZD-コネクト・オンライン付きのマツダ製7.0インチ・タッチスクリーン・マルチメディア・システム、ソーシャル・ネットワーキング・システムとなる。

最上級グレードは、これに加えてヒーター付きレザー・シートやバック・カメラ、ボーズ製サラウンド・オーディオ、衛星ナビゲーション・システム、キーレス・エントリーが用意され、ディスプレイは最新のヘッドアップ式に置き換わる。英国にて設定される価格は£26,000(476万円)となる。

ただし最上級グレードでさえも、最新のセーフティ・システムはオプション扱い。これを選べば、アダプティブLEDヘッドランプやレーン・キーピング・アシスト、ドライバー・アテンション・アラート(運転手の疲れを察知して警告する装置)、死角モニタリング、リア・クロス・トラフィック・アラート(バックで出庫する際に事故を回避する装置)、スマート・シティ・ブレーキ・サポート(低速走行時の自動ブレーキ制御)などがセットになってついてくる。

 
最新試乗記

人気記事