海外試乗

2015.09.10

ポルシェ911カレラ4 GTS

テスト日 : 2015年09月09日

価格 : £98,679(1,823万円)

パワー増強とオプションの拡充が図られたカレラ4 GTS。最もお勧めできるモデルとまではいえないが、優れたマシンであることが明らかになった。

■どんなクルマ?

元気がよく速く、そしてより個性的な自然吸気の911カレラ。9月の7日に新型のターボ・エンジンを載せたカレラが公開されたことから、不運なことにこのモデルは姿を消す運命と相成った。

ただししっかりとテストする意義はある。というのも、今後のモデル展開を考えると、自然吸気エンジンを搭載したGTSは貴重なグレードになる可能性が高いからだ。

カレラSよりもパンチ力を高め、なおかつ落ち着き払ったGTSは、サーキット・オリエンテッドなGT3を諦めざるを得なかったカスタマーのためにある。たとえば4座のシート、たっぷりとした装備、さらにはPDKとともに用意されたマニュアル・トランスミッション、オプションの4WDシステムが ‘取っつきやすい’ と感じられる理由だ。

デビュー時の価格はGT3よりも£10,000(185万円)安く、カレラSよりも£7,500(139万円)高価だったことから、価格帯としても ‘GT3とカレラSの中間’ といえるだろう。価格に対する装備も豊富だったことから、不当な価格設定ではないともいえる。

なかでも重要な立ち位置を占めるのは ‘パワーキット’ とよばれるものだ。こちらを適合すれば、カレラSよりも30psパワーアップすることができ、430psの最高出力を得ることができる。インテーク・ポートの研磨、インテーク・カムの再設計、あたらしいバルブ・スプリングへのスワップを含むインテーク系の根本からの再設計によりもたらされるものである。

パワー増強を果たしながら、高効率化も両立しており、スポーツ・エグゾーストとの共同作業によってサウンドの演出も基準車より魅力的なものとなった。

アンダーピンもアップグレードされている。リア駆動のタイプでさえ、スタビリティ向上のためにカレラ4と共通のリア・フェンダーが組み合わされているのだ。PASMの名でお馴染みの可変ダンパー・システムも標準。カレラSからは10mm車高が下がっている点も特徴である。

標準のカレラよりもさらに夢中になるドライビング・エクスペリエンスを求めて、トルク・ベクトリングの追加やステアリング/サスペンションの改良が施されているのもGTSならではのものだ。

 
最新初試乗

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧