マセラティ・クアトロポルテGTS

洗練性やスムーズさ、静粛性はメルセデス・ベンツSクラスやBMW 7シリーズの方がうわて。そのうえエンジンの音も、悪くはないのだがフェラーリが作ったということは信じがたい。

1世代前のクアトロポルテに比べると乗り心地はいいが、プアな路面だと、いやな軋み音や歓迎しがたい振動がステアリングを介して伝わりやすい。

一方のタッチスクリーンは640×480ピクセルから800×600に向上し、操作感も非常にいい。アウディのMMIやBMWのiDriveほど直感的ではないが、ビジュアル面のクオリティにも大きな不満はない。

シートのサイズ、ポジションは非の打ち所がなく、後席やトランクのサイズも十分である。グランルッソ・トリムに新採用されたシルクは、ドア内張りやシート、ルーフなどに見られる。レザーやアルカンターラよりも洒落ており、手触りもやわらかい。

■「買い」か?

クアトロポルテならではのアピール・ポイントは認めるが、ライバルはさらに上のレベルに達している。エンジンはAMGやアストンの方が刺激的だ。乗り心地はSクラスや7シリーズの独壇場だ。楽しさもポルシェ・パナメーラの方が上だ。

クアトロポルテを買う理由は、やはりルックスだろう。ルックスが気に入れば買えばいい。そうした意見も理解はできる。


マセラティ・クアトロポルテGTS

価格 £115,980(1,722万円)
最高速度 311km/h
0-100km/h加速 4.7秒
燃費 9.3km/ℓ
CO2排出量 250g/km
乾燥重量 1900kg
エンジン V型8気筒3799ccツイン・ターボ
最高出力 530ps/6800rpm
最大トルク 66.2kg-m/2000-4000rpm
ギアボックス 8速オートマティック


▶ 海外ニュース / マセラティ・クアトロポルテ、フェイスリフト

 
最新試乗記

人気記事