海外試乗

2017.02.16

凡庸? 辛口評価に要注意 チェコ発の売れ線、スコダ・オクタビアTDI

スコダ・オクタビア1.6 TDI SE L

テスト日 : 2017年02月8日

価格 : £22,485(319万円)

文・ニック・カケット 

凡庸。期待しなければ、良品。スコダの売れ線モデルは、いつだってそうなのだ。

■どんなクルマ?

スコダ・オクタビアは過去20年間、英国のこのクラスでは、もっとも売れ線のモデルだ。2013年にフル・モデルチェンジを受けて以来、今回、控え目な小さな変更が施された。

指圧療法でつままれたようなスタイリング、インテリア、インフォテインメントなどの装備の変更が特徴だ。

機械的には、基本的に前モデルと変わらない。

ホイールベースは2686mmで、ハッチバックとワゴンの2種類から選べる。エンジン・ラインナップは、ふたつのガソリン・エンジン仕様(1.0ℓと1.4ℓTSI)、ふたつのディーゼル・エンジン仕様(1.6ℓと2.0ℓTDI)と、慣れ親しんだもの。

vRSモデル(更に、刺激的なガソリンとディーゼルの2種)が用意されるが、これらの販売開始は後になる。

現時点では、S、SE、SEテクノロジー、SE L、そしてフラッグシップのラウリン・アンド・クレメント仕様が選べ、もっとも安いモデルは£17,055(242万円)から。

良いニュースは、最新のインフォテインメント・システムが標準装備であることだ。アップグレードすれば、Apple CarPlayやAndroid Autoが、エントリー・モデルでも利用可能になる。

next page注意! ここからさきは辛口です

 
最新初試乗