海外試乗

2017.03.16

サーキット向けのマクラーレン570S「トラック・パック」に初試乗 内装と乗り心地に注目

マクラーレン570Sトラック・パック

テスト日 : 2017年03月14日

価格 : £159,75(2,221万円)

文・マーク・ティショー 

新たなマクラーレン570Sのサーキット向けオプションは、さらなる軽量化を実現し、ただでさえ素晴らしいパッケージングを際立たせる。

■どんなクルマ?

ポルシェ911のラインナップは、ほんとうに好きでないかぎり理解するのに博士号が必要ではないかと思われるほど複雑怪奇だ。

ただし、ポルシェ911レベルのスポーツカーにとって「派生車種」の追加は今や必要不可欠。どのメーカーも積極的にバリエーションを増やしており、なにもこれは偶然のできごとではない。

そしてこのバリエーション追加は、発売初年度に(ほとんど)完了する。早期の投入が極めて重要になってくるのだ。

メルセデス-AMGが、GTの商品展開を拡大しているのも同じ理由から。マクラーレンもまたこれに倣うかのように、スポーツ・シリーズに追加車種を投入し続けており、その最新版となるのが今回の570Sトラック・パックである。

ちなみにこの「トラック・パック」は、540Cや570GTほど標準モデルからかけ離れているわけではない。いわば570Sの、サーキット走行を想定した改修版といった内容で、それは車名にも明らかだ。

next pageさて、どんなところが違うのか?

 
最新初試乗