【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

BMW 5シリーズ、プラグインハイブリッドはディーゼル泣かせ? 530e iPerformance試乗記

2017.07.05

乗り心地/ハンドリング/実数値は?

原動機を2基積むことによる旨みは、柔軟で洗練された乗り心地と、穏やかな敏捷性を提供してくれる、しなやかで完成度の高いシャシーによってより完璧なものに近づく。

ステアリングはおかしなほど軽いが、狙ったラインを正確にトレースできる。

またハイブリッドの常として、エネルギー消費表示を見ながらのエコランも楽しめるが、加えてEV走行でどこまでいけるかのチャレンジもでき、ドライブ中のいい気晴らしになるだろう。

「マックスeドライブ」モードを選択すれば、電力のみで140km/hまで出る。ただし、その場合の航続距離が、47km/hという公称値に届かないのは確実だ。

「バッテリーコントロール」モードに切り替えると、30〜100%の設定した値まで再充電を行い、蓄電量が設定値に達すると、その電力をまた駆動用エネルギーとして利用する。

家庭用コンセントでの充電では、フルチャージまで5時間かかるが、£570(8万3千円)の専用充電器を設置すれば、所要時間は半分で済む。

 
最新試乗記