ルーテシアR.S.新型 シャシーカップ試乗 ポロGTI/208GTiに、コスパで王手

2017.07.06

■どんな感じ?

「シャシーカップ」を試す

モータースポーツからのフィードバックで開発されたと聞けば、ふつうのドライバーなら身構えてしまうようなクルマを想像するが、試乗した「シャシーカップ」の内外装は品よく親しみやすい。裾や襟元にアクセントを入れるような感じであり、マニア臭をこれ見よがしに発散していないのは「ウチのクルマ」の資格のひとつだ。


ところが乗ってみればけっこうな本気。昨今の過給エンジンらしく1.6ℓターボは2000回転以下からもむずがることなく反応。マニュアル変速では巡航ギアを維持したまま、多少の勾配や加速ならアクセルの踏み加減だけで済ませられる。低回転では突き出すような「どトルク」感はないにしても、山岳路や高速をゆったりと走らせるのも得意である。

3種のR.S.モード 何が違う?

しかし、本領は「回してナンボ」。回転に乗っていく加速感が心地よい。4000~6000回転を維持した時の加速感は回すほどに速くなる高出力エンジンらしい。EDCの設定も「ノーマル」モードでは穏やかなアクセルコントロールに対して低く狭い回転レンジを維持するシフト制御。省燃費のモノサシでは回し気味の設定だが、優しく力持ちなのは前記したとおり。アクセルの踏み込み速度と量が大きくなると使用回転域が上昇し、加速に伸びを与える。
 

 
最新試乗記

人気記事