海外試乗

2017.07.16

フォード・フィエスタ刷新 1.1ℓ仕様に初試乗 同クラスのトップ守れるか

フォード・フィエスタ1.1

テスト日 : 2017年07月12日

価格 : £18,945(279万円)

文・フォード・フィエスタ1.1 

[編集部より]

フォード・フィエスタ。残念ながら日本に正規輸入されることはなくなりましたが、やはり気になる存在ですね。フルモデルチェンジした新型の実力も高いのでしょうか?

■どんなクルマ?

「すべてが新しくなったフィエスタ」

全く新しいフィエスタ。外観も内装も一新した。また、ボディの剛性も強化され、ギア等の見直しもされている。

フォードは「すべてが新しくなったフィエスタ」と断言する。

新車開発のなかで命題となるのは、外観でどのように目新しさを主張するか。内装のデザインだって、乗り心地やハンドリングの見直しだってそうだ。

2017年モデルの特徴は、先代と比べるとドライバーのアシスト機能が充実したということ。例えば夜間の歩行者認識機能。決して大きなクルマではないにも関わらず、装備はいっちょまえだ。

インテリアは、前のモデルと比べると結構違う。テスト車両のSTラインXは、8インチの画面をドライバーから見やすい位置にマウントし、操作性を格段に高めている。

センターコンソールの収納力もアップ。「見やすいようにボタンの数もかつてのモデルに比べると集約してあります。頑張りました」とフォードは語る。

next page室内スペースも向上 足腰も強固に

 
最新初試乗