海外試乗

2017.07.20

トヨタ・ヤリスGRMNプロトタイプに試乗 背景はラリー ヴィッツ版日本導入を期待

トヨタ・ヤリスGRMNプロトタイプ

テスト日 : 2017年07月17日

文・ダン・プロッサー 

GRMN、なんの頭文字?

トヨタの最高峰スポーティブランドを鼓舞するかのように掲げられたバッジは、今後GT86(日本名:86)や、新しいスープラにも冠され、ヨーロッパ中で目にすることができるようになるだろう。

GRMNという4文字が示すのは、「Gazoo Racing Meister of Nurburgring」の略。つまりニュル・マイスターというわけだけれど、これが詩的に聞こえるのは日本のネイティヴ・スピーカーだけだと思う。

Gazoo RacingはトヨタLMP1を走らせたチームでもあり、ニュルの北コースにある施設でいそいそと開発に従事していた。

ヤリスGRMNは400台がヨーロッパ向けに作られ、そのうちの100台が英国で販売される。値段は£26,295(384万円)となる予定で、4気筒スーパーチャージド1.8ℓエンジンは210psを発生させる仕様だ。

トヨタは大胆にも「ヤリスGRMNは前輪駆動のスタイルは崩さずに軽さ重視で俊敏、かつ同クラスのなかでもパワフルであるようになっていて、ボディは硬く、スプリングとダンパーは専用品、そしてトルセンLSDも装備されています」と宣言する。

next page「300psで4駆」構想、はじめから却下

 
最新初試乗