[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

86 “GR” 試乗 標準モデル/GRMNと何が変わる? プロトタイプで検証

2017.09.19

86 GRプロトタイプ

フロントはガチッと食いつくのに、リアもまた根が生えたように安定している。ブレーキもさすがの利きだが、ブレーキペダルを思いっきり蹴っ飛ばしても、リアがふらつかない。

この標準の86とは別次元の自律安定性はサスペンションの効能もあるのだろうが、パイロットスポーツのハイグリップと空力の効果もかなりの割合を占めていると思われる。

「買い」か?

サーキットで走り比べ その結果は?

86 GRプロトタイプ

どれくらいの価格で売り出されるかが未定なのでなんともいいがたいし、標準の86も単独で乗るかぎり、悪くないデキのFRスポーツカーである。ただ、少なくともサーキットを本気で攻めようとすると、この “GR” に乗った後では、標準の86にはまるで乗る気がしなくなった。

トヨタ86 “GR” プロトタイプ(スペックは現時点の情報)

価格 -(今冬発売予定)
全長×全幅×全高 4290×1775×1310mm
乾燥重量 1240kg
エンジン 2.0ℓエンジン
最高出力
最大トルク
ギアボックス

 
最新試乗記