ヴィッツ “GRMN” 試乗 1.8ℓスーパーチャージド、出力210ps以上

2017.09.19

ヴィッツGRMNプロトタイプ

クルマそのものの基本設計が変わっていないのでチューニングの方向性は先代に似ているが、ボディ強化がフロア下のブレース追加だけ(といっても、ブレース自体はいかにも強靭そうな大型のそれだが)となり、以前のようなスポット増し打ちが省略されているのはベース車両が良くなったせいだろうか。

ヴィッツGRMNプロトタイプ

そのほかにはタイヤが先代よりワンセクションせまいのが興味深い。ダンパーも今回はザックス製を採用予定だ。

どんな感じ?

6MT採用 先代GRMNターボから進化

ヴィッツGRMNプロトタイプ

ギアボックスは当然のごとく6MTだが、じつはこれも先代GRMNターボまでは5速だったから、大きなグレードアップだ。内装はパッと見では専用スポーツシートとアルミペダルが目立つ程度だが、じつはステアリングホイールも専用である。

ヴィッツGRMNプロトタイプ

標準より小径化された専用ステアリングは、微妙な径、グリップの太さ(というか細さ)や形状までトヨタの好き者エンジニアたちによって丹念に作りまれたなかなかの逸品である。同ステアリングはもともと、GAZOO Racing Companyの前身である「スポーツ車両統括部」が長年のノウハウをもとに設計開発して、86後期型に初採用した。今後は86のみならず、GAZOOの定番ステアリングホイールとして使われていくらしい。
 

 
最新試乗記

人気記事