【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

ヴィッツ “GRMN” 試乗 1.8ℓスーパーチャージド、出力210ps以上

2017.09.19

「買い」か?

ライバルは、欧州ホットハッチ勢

ヴィッツGRMNプロトタイプ

国内入手可能なものでも、ルーテシアR.S.にプジョー208GTi by Peugeot Sport、そして来たるべき新型ポロGTI、海外に目を移せばフォード・フィエスタST……と欧州BセグメントGTIのトップリーグは群雄割拠だが、それらに正面から対抗できる国産車は事実上、これしかない。

ヴィッツGRMNプロトタイプ

価格はもちろん未定だが、先代GRMNターボから推測すれば300万円は切るかも……だろうが、それだと価格的にも前記の欧州勢とガチンコである。

ヴィッツGRMNプロトタイプ

まあ、今回のプロトタイプに乗るかぎり、少なくとも絶対性能で十分には対抗できそうな予感はあるが、いずれにしても限定で即完売が予想されるのは残念。まあ、今の日本ではこの種のクルマは限定でないと成立しにくく、限定でもやろうとしないメーカーが多いなか、こうして商品化してくれるだけでもありがたいが……。

トヨタ・ヴィッツ “GRMN” プロトタイプ(スペックは現時点の情報)

価格 -(2018年春発売予定)
全長×全幅×全高 3975×1695×1510mm
乾燥重量 1140kg
エンジン 1.8ℓスーパーチャージドエンジン
最高出力 210ps以上
最大トルク 25.5kg-m

 
最新試乗記