レンジローバー・ヴェラール試乗 ファーストエディションP380、豪華装備で顔見世興行

2017.09.20

ハンドリングはライバルに劣る

今回のテストにおける幹線道路での平均燃費は、メーカー公表値の7.4km/ℓには遠く及ばなかったが、そのことは、このクルマが2トン近くの巨漢であることを改めて認識させる。

公道におけるハンドリングは、搭載されるエアサスペンションの選択モードに大きく依存する。このサスペンションは、最も懐の深い減衰を示すコンフォートから、より硬いシャシーのダイナミックまで、多くのモードを備えているが、かといってジャガーF-PACE Sやポルシェ・マカンのような、スポーツカーのごときダイナミクスを期待することはできない。

それでも、よい乗り心地と素晴らしいボディコントロールを持ち合わせている。


ドライバーズカーを名乗るライバル達と比べた時、このクルマが劣るのはステアリングだ。搭載される電動アシスト付きのステアリングは、ダイレクトな操舵感を持つF-PACEやマカンのそれとは比べものにならない。

しかし、それもそのはず。そもそもヴェラールが目指しているところは使い勝手の良さなのだ。ヴェラールは少なくとも、車名を初代レンジのプロトタイプから譲り受けたことが示唆する開発意図に応えている。クラス中、最大の地上高や走破性など、僅差ではあるが、われわれが当然と思う水準以上に、ライバルたちに対して優位性を確保している。

いくつかの理由で、このパワフルなラグジュアリーSUVのキャラクターは、V8エンジンを搭載する上級車種のレンジローバーが、かつてそうであったそれに近いといえる。しかし、それらのモデルは、今日も明確にオフロードにおける走破性を豪語する。

一方で、このヴェラールをはじめとする、オンロードでの使用を念頭に置いて開発されている新車種では、ランドローバーはオフロード性能を追求する姿勢さえも示していない。

 
最新試乗記