カーレビュー

2018.01.09

メガーヌ新型、VWゴルフ7.5 シャシーの違いを “深掘り”

ルノー・メガーヌGT/フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン

テスト日 : 2017年12月20日

価格 : 3,340,000円/3,319,000円

文・佐野弘宗 撮影・花村英典 

[編集部より]

メガーヌ新型、ゴルフ7.5。世界が認めるCセグFFハッチバックの2台。シャシーの考え方が、こんなに違うってご存知でしたか? 深堀りします。

location:箱根ターンパイク

もくじ

深堀りレビュー
FFは、リアグリップが命
ゴルフ7.5 リアサスに見るグレード分け
メガーヌ4 4WSに見るグレード分け
おさらい メガーヌの4コントロール

比較試乗
4コントロール時代の走り方は?
マルチリンクでサルーン的 TSIハイライン
メガーヌ 走行モードで4WS変化 オススメは?

スペック
メガーヌGT/ゴルフTSIハイラインのスペック

深堀りレビュー

FFは、リアグリップが命

最近、複数の自動車メーカーの複数の技術者氏から、立て続けに「FFのシャシーでもっとも大切なのはリアグリップ」という話をうかがった。その意味するところは、すなわち「フロントを思いどおりに動かす方法はいくつもあるが、それができるのもリアが安定してこそ」ということだろう。

VWゴルフTSIハイライン:140ps/25.5kg-m/331.9万円

 

ルノー・メガーヌGT:205ps/28.6kg-m/334万円

 
そんなことを思い出した理由は、ルノー・メガーヌとVWゴルフという、欧州Cセグメントの “不動の定番” と “最新勢力” の2台を同時に乗ったからである。

現在最新の欧州Cセグメントである4代目メガーヌのリアサスペンションは、3世代連続で定番のトーションビーム方式を採用する。同方式はシンプル構造で低コストながら、半独立式による適度な路面追従性とロール剛性、そしてパッシブトーコントロール機能によるスタビリティが確保できることがメリットだ。
 

next pageゴルフ7.5 リアサスに見るグレード分け

すべての画像をみる

 
最新初試乗