[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

メガーヌ新型、VWゴルフ7.5 シャシーの違いを “深掘り”

2018.01.09

おさらい メガーヌの4コントロール

ルノーの4コントロールの制御は、おおざっぱには「低速は逆位相で小回り性と俊敏性アップ、高速は同位相で安定性アップ」というものだ。ただし、逆位相と同位相が切り替わるボーダー速度は走行モードによって異なり、標準の二ュートラルモードやコンフォートモードでは60km/h、スポーツモードでは80km/hが、逆位相と同位相のボーダーとなる。

四輪操舵でも逆位相は賛否両論あるケースが多い。実際、メガーヌGTでも、わずかな操舵量で嬉々と反応するクイックな身のこなしが印象的なものの、同時に少しばかり人工的な手応えは好き嫌いが分かれるだろう。

いっぽうで、高速域での同位相については “百利あって一害なし!” が世の定説であり、それはメガーヌGTでも例外ではない。実際、高速域で同位相が入ったときのメガーヌGTは、なによりリアがドシッと安定した感が如実である。後輪操舵がなくてもステアリング自体がかなりクイックな設定なのだが、少なくとも高速域ではリアの方向安定性がゆらぐような兆候は微塵もない。

 

 
最新試乗記