BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2018.01.18

BMW M2をリッチフィールドがチューン オリジナルを凌駕する洗練性も獲得

リッチフィールドBMW M2

テスト日 : 2018年1月9日

価格 : 9755ポンド(148万円)アップグレード・フルパッケージ


どんな感じ?

クルマを生まれ変わらせたサスペンション

AST社のサスペンションはサーキットではなく、ストリートでの使用を前提にしているので、硬さ一辺倒で仕立ててある訳ではない。ダンパーは伸縮それぞれで調整が可能で、オーナーの好みに合わせたセッティグができるし、サーキット走行時には、ソリッドに締め上げることも可能。

わたしがテストした時のリッチフィールドM2のセッティグは、低速域では張力が強すぎる印象だったが、高速域では、とても良くボディをコントロールし、洗練された乗り心地を提供。ホイールの動きはレートの高いスプリングによって抑えられ、サイドウォールの薄いタイヤを履いているものの、凹凸のある荒れた路面でも、非常に滑らかに処理してくれた。

バンプを通過する度に、内臓にまで届くような振動を伝えてくる、ハイパフォーマンス・モデルも中にはある。このM2も、超高性能なクルマであることには違いない。しかし、柔らかさと落着きを備えていて、むしろ、スタンダードモデルよりも優れていると感じるほど。

ボディ・コントロールも、大幅に改善されている。絶壁が迫るワインディングでも、自信を持ってクルマを走らせることができるはず。

このサスペンションが、クルマを生まれ変わらせた。

next page楽しいドライビングに浸れる

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ