海外試乗

2018.01.19

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)GRMNに試乗 ヨーロッパ初となるブランドの今後に期待

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)GRMN

テスト日 : 2018年1月10日

価格 : 2万6295ポンド(398万円)

文・マット・ソーンダース 


どんな感じ?

エリーゼ並の1.8ℓ直列4気筒

ヤリスをチューニングして与えられたパフォーマンスは、GRMNのステータスを示すのに充分印象的なものだが、徹底的、と言えるほどの内容ではない。

主要箇所をホワイトボディの状態で強化し、より短いサスペンション・スプリングを装備。スプリングレートは、標準モデルの60%増しとなっている。

さらに特製のザックス製パフォーマンスダンパーのほか、フロントには太さを増したアンチロールバーと、強力な4ポットキャリパーが装着される。BBS製の鍛造17インチ・アルミホイールは1輪当たり2kgの軽量化につながっていて、205幅のブリヂストン・ポテンザRE050Aタイヤが組み合わされる。

ステアリングレシオはクイックになっているが、トレッド幅はノーマルのまま。また、この手のホットハッチ・スペシャルで見られる、軽量サスペンションアームや専用のナックルは装備されておらず、車高やサスペンションのロールセンターの位置を比較的自由に、独立して設定することが可能となっている。

ちなみに、ヤリスGRMNのリアサスペンションは、ノーマルモデルと同じトーションビーム式となる。

エンジンは販売数を伸ばすストロングポイント。

スーパーチャージャーで加給される1.8ℓ直列4気筒エンジンは、イギリス・トヨタ製で、ロータス・エリーゼと近似するスペックにチューニングが施された。212psを7000rpmで発生し、最大トルクは25.3kg-m。小排気量ターボが一般的なこのクラスに、新しい風を吹き込むはず。

専用設計のマフラーはセンター出しとなり、攻めた走りをした時は、少し荒削りながら色っぽい、快音を聞かせてくれる。まるで巨大なkazoo(カズー=おもちゃの楽器)のように、思う存分吹き鳴らすことも楽しみのひとつになるだろう。

 
最新試乗記