海外試乗

2018.01.22

試乗シボレー・カマロZL1 魅力は価格 英国/日本で買えぬ点「残念」

シボレー・カマロZL1

テスト日 : 2018年01月08日

価格 : 63540ドル(706万円)

文・マイク・ダフ 


ハードコアとは一線を画す乗り心地

例えアダプティブダンパーの設定を最も柔らかい「ツアー」にしても、乗り心地は予想通り硬いが、ZL1はやみくもなハードコアとは一線を画す、素直な脚さばきを披露する。

そしてエンジンに勝るとも劣らない、カマロの特徴となるのがステアリングフィール。アルカンターラが巻かれた肉厚なステアリングホイールの感触は重く、路面の凹凸や質感を手に取るように伝えてくれる。ZL1の野生に隠れた本性を、明確に示している側面と言える。

一方、ZL1 1LEはサーキットを住処とする更にハードコアな仕上げで、手懐けるのは難しい。

サーキット前提のサスペンションは、標準のZL1が持っている柔軟性を失い、最も一般道に向いているセッティングにしても、あらゆる路面の凹凸を直接ドライバーに伝えてくる。サーキットでは頼もしいと感じるのだろうが、わたしなら、一般道では標準モデルのZL1を選びたいと思う。

next page6速マニュアルか10速ATか

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ