国内試乗

2018.02.08

三菱エクリプス・クロス S-AWCに注目 雪上でASCオン/オフ 違いは? 画像162枚

三菱エクリプス・クロス

テスト日 : 2017年02月01日

文・川島茂夫 撮影・三菱自動車 

どんな感じ?

ASC(横滑防止装置)オフで雪道へ

試乗に用意された特設コースは雪路としてもかなりタフな設定。一般道でも雪路は除雪と轍で通常舗装路よりも凹凸が激しいが、特設コースは部分的に大きなギャップもあり、荒れたダート路のようである。

多くは適度に柔らかな圧雪だったが、部分的にはアイスバーンとなっている。それでもエクリプスクロスの地上高や4WDシステムを考えれば、慎重に速度を抑えている限り何の苦労もなく踏破できる。

それでは詰まらないし、せっかくのクローズドコースなので、ちょっと限界を探ってみる。

先ずはシャシーやS-AWCの按配を確かめるべく、というか路面の滑り具合のチェックもあってASC(横滑防止装置)を切ってのコースインする。

激しい凹凸の圧雪でも直進安定は良好。もちろん舗装路のようにカチッと収まった感じはなく、速度を上げれば微妙に滑る。しかし、ギャップで大きく方向性を乱すこともなく、穏やかな補正操舵で直進を維持してくれる。

コーナーは速度を適切に抑えていれば、減速から綺麗に回り込む。コーナリング限界近くなら前輪に呼応してコリンを滑らせる感じでラインに乗る。

そのままアクセルを開いて、4輪ドリフト気味に立ち上がらせるのもそう難しくない。軽いフェイントで振って入る等々のスノードラテク使い放題のフットワークなのだ。

痒いところに手が届くと言うか、運転が上達したように思わせると言うか、とにかく自在に操っているような感覚が楽しい。きっと裏ではS-AWCが大活躍して適切にトルク配分制御しているのだろうが、その介在を意識させないのも巧みである。人車一体の運転感覚だ。相当走り込んでまとめたに違いない。

次いでASCオンで走る。

 
最新試乗記

人気コンテンツ