BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

国内試乗

2018.02.08

三菱エクリプス・クロス S-AWCに注目 雪上でASCオン/オフ 違いは? 画像162枚

三菱エクリプス・クロス

テスト日 : 2017年02月01日

文・川島茂夫 撮影・三菱自動車 

「買い」か?

「パリダカパジェロのノウハウ?」

日本自動車ジャーナリスト協会の理事でもあるSH氏試乗時にSS氏が同乗するというので便乗。さらに編集氏も加わって4名乗車での試乗。

ラリー走行もどきの走行で、大きなギャップでは一気にフルバンプ。ふつうなら相当跳ね上げられるはずなのに、それほどの衝撃もなく、激しい方向性の乱れもない。

1名乗車時と比べて200kg以上重くては、さすがに減速はままならないが、1名乗車時のバランスを維持している。「これってパリダカパジェロのノウハウ?」と思えた。

そんな走り方はふつうはしない。ただ、スリップ事故にしてもスタックにしても、ふつうじゃない時に起こる。ある種の極限状況での扱いやすさは危険回避の能力でもある。

とくに今回の試乗では普段の運転の延長で限界近い、時として限界を逸脱した状況でコントロールできたことが極めて重要。安全向上に役立つファントゥドライブと言ってもいいだろう。

付け加えるなら、初北海道初雪上走行の本誌編集氏が楽しそうに運転していたのもとても印象的だった。

四季を通して行きたい所に出掛けたい。遠くも近くも目的地も道程も楽しみたい。つまり、走りもエクリプスクロスのコンセプトそのまま。タウン&レジャーの大本命となるのは間違いない。

 
最新初試乗

人気コンテンツ