海外試乗

2018.02.13

新型アウディA7スポーツバック 50 TDIを試乗評価 CLSとの差異を明確化

アウディA7スポーツバック 50 TDI Sport

テスト日 : 2018年02月07日

価格 : 5万5000ポンド(835万円)

文・ジェームス・アトウッド 


シャープなスタイリングが包む、先進性の高さ

新しいCLSは、メルセデス・ベンツとしては、やり過ぎとまでは至らないギリギリの線で、ダイナミックなデザインを与えられている。それに対しA7はと言えば、クリーンでシャープなデザインでまとめられている。さらに、大量の最新技術が盛り込まれた。

A7のデザインは、アウディとしての新しいデザイン言語を受け継いでおり、A8が持つプレステージさとは異なる「先進性の高さ」に焦点が当てられている。アウディらしいクールなスタイリングであることに変わりはない。

フロント周りは、シングルフレームグリルの存在感が大きい。シャープなエッジと、ボディライン、面構成も含めて、スポーツバックとは名ばかりのクーペボディがグリルから広がっているようだ。この流線型のデザインをアウディは「ヨット風」のデザインと表現している。

リアエンドは従来モデルから3cm高くなり、高速域で展開するリアスポイラーを内蔵する。スポイラー上端から両サイドに落ちるエッジラインは、斜め後ろ、スリークオーター・アングルから見た時の印象を高めている。真後ろから見るよりも個性を感じられる。

リア両サイドを貫くバーを備えるテールライトも、エクステリアでの特長。最上級のSラインには、HDマトリックスLEDヘッドライトも備わり、「X」のデザインがレンズ内に施されている。

続いて車内から詳しく見てみよう。

next pageボディサイズは若干小さく、車内は若干広く

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ

        ×