NISMOアシか、e-パワーか、EVか 電動時代のクルマ選び 氷雪編 

2018.02.28

「買い」か?

ノートe-パワーNISMOに一票


リーフと氷雪上の相性は良好だが、気になるのは航続距離。e-パワーはエンジンがあるので、その熱を暖房に利用できるが、リーフは暖房も電力で賄う。ヒートポンプ式で省電力を図っているが、航続距離が気温に左右されるのは極寒冷地の使用では気になるポイント。実用性を高めているものの先物買いの印象は否めない。

電気自動車時代の先取りとファーストカーとしての現実性を考慮するなら、ノートe-パワーは魅力的である。ハイブリッド車であってもリーフ同様の電気自動車の運転感覚も味わえる。NISMO仕様ならスポーツ&ツーリング適性と標準車よりも上質な乗り味も得られる。氷雪上走行でも電動駆動とNISMOの長所をしっかりと実感できた。プロパイロット(ACC/半自動操舵LKA)とのコンビで運転性能面の高速長距離適性はコンパクト2BOX車でもトップクラスだ。


個人的な嗜好を挟ませてもらうなら、抑えを利かせてアクセントで個性を表現するNISMOの品のいいデザインセンスも成熟したユーザー好みだろう。

燃費最優先でハイブリッド車を考えているユーザー向けとは言い難いが、他のクルマでは味わい難いドライビングの楽しみやスポーツ&ツーリングの質をコンパクトカーに求めるなら、ノートe-パワーNISMOはけっこうな掘り出し物である。

 
最新試乗記

人気記事