カーレビュー

2018.03.11

コンパクトSUV、何を買うべき?(4) 決勝ラウンド 後編

アウディQ3/BMW X1/DS7/フォード・クーガ/マツダCX-5/VWティグアン/ボルボXC40

テスト日 : 2018年02月28日

文・マット・ソーンダース 


エンジンパワーは力関係を変えるか

では、いざ走り出してみるとどうか。パワートレインの差が、3台のパワーバランスを変えるのだろうか。そう、その点ではBMWが、最も強力かつ柔軟で、たいていにおいて最も優れている。この4気筒ディーゼルは3500rpmを超えても、この手のエンジンでは異例ともいえるほどよく回る。それでいて、洗練性も実燃費もライバルたちより妥協しているわけではないのが、また素晴らしい。組み合わされる8段ATに関しても、低速でトロトロ進んでいようが、フルスロットルをくれようが、その動きは上々だ。

このエンジンには感服せずにいられないが、はたしてコンパクトSUVにここまでの力強さが必要だろうか。そこまで求めるのはさもしい気もするのだが、ライバルに190psを大きく超えるディーゼルがほとんどないことを考えると、X1は魅力的な選択肢とも思えてきて悩ましい。

XC40は、ちょうど190psだが、それで苦戦することはないように思える。トルクも十分だが、それ以上にペダルのプログレッシブなレスポンスや運転のしやすさが利いているのだ。なにより、必要以上に急ごうという気にならない。

CX-5はどうか。さらに20psかそこらを上積みしてもいいのではないか。しかし、そう思う理由はパワー不足を感じるからではなく、それも余裕でこなすだろうシャシーの存在と、われわれの貪欲さに他ならない。

 
最新試乗記