回顧録 スーパーDセグメント対決 BMW M3 vs C63 AMG vs レクサス IS F 前編

2018.04.01

隙を見せないC63

C63の大排気量ながら吹け上がりの鋭いV8は、どちらかというと気品よりも活気にあふれている。けれど落ち着いて車内を見回せば、このクルマが高貴な出自であることは明白だ。キャビンは機能的で、しかもよく整頓されている。派手さはないが高級感があり、AMGの追加装備が普通のCクラスより一段格上の空気を醸し出している。

ドライビングポジションの調整範囲にも不足はない。望むとおりに、簡単にぴたりとアジャストできる。小径で下部がフラットな形状のステアリングホイールは低くて胸に近い位置にあり、しっかりした造りのAMGシートは目に麗しいだけでなく、座っても贅沢なほどに快適だ。もちろんサポートに不足があろうはずがない。この精度感とフィット感はC63に対する信頼を高めるとともに、扱いやすさにもつながっている。

ステアリングギアレシオが通常モデルよりクイック(ロック・トゥ・ロック2.5回転)なので、アジリティについても格段に上だ。加えて6.2リッターのV8は、アイドリングよりわずかに上の回転数からでも爆発的な加速力を発揮する。泣き所といえそうなのは、唯一、低速域での乗り心地くらいのものだろう。150km/hをはるかに超える高速コーナリングにも平然とこなしてしまうほど引き締まった足まわりを手に入れた代償として、市街地を流すくらいの速度だと絶えずガタガタと振動してまったく落ち着きがないのだ。

 
最新試乗記