回顧録 スーパーDセグメント対決 BMW M3 vs C63 AMG vs レクサス IS F 前編

2018.04.01

やややりすぎ感のあるIS F

ベースとなったISのシェイプはもっとも美しいサルーンの1台に数えていいとも思うが、このIS Fについてはまるで正反対だ。例えばM3やC63のボンネットのバルジには力強さを感じさせるが、全体が盛り上がったIS Fのその部分の造形はとても同じようには見えない。どちらかといえばむしろ奇妙ですらある。

フロントのエアダムはさらに幅が広げられ、角度もきつくなっている。それが前輪後方のエアスクープまで続いており、そこから幅広のボディシルにつながっている。リアでは縦に2本ずつまとめられた4本出しのエグゾーストがよく目立つ。目新しいと評価するか、それともやり過ぎと切り捨てるか。判断は皆さんにお任せしよう。

IS FのエンジンはLS600hに由来しているが、ひと通りのモディファイを受けて別物に生まれ変わっている。インレットバルブはチタン製になり、バルブタイミングは電子制御化されてレスポンスが向上し、コーナリングで強い横Gを受け続けてもガソリンとオイルの供給を確保できるように、フューエルサージタンクとオイルスカベンジポンプも装備している。そうして5.0リッターの排気量から423psを発生する強心臓が完成したわけだが、これならドラッグレースでM3やC63とまともにやり合えそうだ。

後編へつづく

 
最新試乗記

人気記事