[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

新型BMW M5試乗 4輪駆動システム採用 ハンドリングも向上 歴代最高の仕上がり

2018.04.06


何度も試したくなる、快心の加速

このダイナミクス性能は、一般道で味わえる領域のものではない。

しかし、M5の鋭いコーナリング特性と、波打った路面などでの上下方向の優れたボディコントロールは、極めて引き立つ部分。ボディサイズをコンパクトには感じさせてくれないまでも、軽快で活発なクルマへとまとめている。

高速道路では、直進性も高く安定しており、またたく間に加速を済ませる。この場面では、多少の時間差はあるが、結果的にボディサイズもコンパクトに感じられてくる。クルマの突出したパフォーマンスレベルは際限知らずと言ったところだが、目立ちすぎないところも良い。

M5のアクセルペダルは、わずかな操作でも、望んだ以上のスピードが出てしまう印象がある。あるいは、あえてのロケット加速も望み通り。そのため、常に右足の力を抜く、自制心が必要となってくる。

でも、そんな我慢ができるのはつかの間。

気持ちを抑えきれず、アクセルペダルを深く踏み込めば、思わず子供のように笑ってしまう走りが待っている。そんな快心の体験は、何度も試したくなるに違いない。

 
最新試乗記