海外試乗

2018.04.16

アウディR8 RWS試乗 後輪駆動化で50kg減量 限定999台 ライバルはポルシェ911 GT3

アウディR8 RWS

テスト日 : 2018年04月03日

価格 : 11万2450ポンド(1686万円)

文・ダン・プロッサー 


ドライビングに深く関われるシンプルさ

R8 RWSにはアダプディブダンパーの設定はないが、乗り心地は非常によく詰められている。ガチガチに締め上げられているわけでもなく、充分な減衰力でしっかりと姿勢を維持。低速域では硬さが目立つのは仕方ないが、速度を上げれば荒れた路面でもスムーズにいなしてくれる。

アダプディブダンパーとダイナミックステアリングが備わるクワトロのR8と比較すると、RWSのピュアでシンプルな性格が輝いて見えてくる。機能が省かれたことで、クルマがドライビングに介入してくる度合いが減り、自らがドライビングに関われる領域が広がったということだ。

トランスミッションは極めて高速に変速を完了し、レスポンスにも優れたツインクラッチのみで、マニュアルは備わらない。自然吸気の5.2ℓV10エンジンはマスターピース級のできで、高回転まで、全域にわたってスムーズ。また、特に車外から聞くエグゾーストノートは、息をのむほど素晴らしい。

ひとつRWSに関して触れなければならない点は、アウディのV10ユニットの中からハードコアな611ps仕様ではなく、少し穏やかな540psの方が搭載されているということ。ただ、直接交互に乗り換えて確かめない限り、気づかない差異だとは思う。

また、生産台数はわずか999台の限定で、クーペとスパイダーのボディスタイルが選択可能となっている。

next page後輪駆動モデルの序章となるか

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ