最新G30系アルピナB5 vs BMW M5 スーパサルーン比較試乗 5シリーズのベストとは

2018.06.03


気持ちが高ぶるM5の車内

一方でBMWは、派手な改造車に見せることなく、5シリーズのアピアランスを上手く増強したと思う。せり出たフロントバンパーやサイドスカートを装備するが、M5が筋肉質になっていると気付くのは、微妙に異なるB5の隣にでも並べた時くらいだろう。

インテリアのM5とB5との差異も、見た目には大きくない。しかし、5シリーズと比較すれば、上質な内張りに張り替えられ、B5の場合、アナログのインスツルメントは期待通りブルーの盤面に置き換わっている。また機器類の操作に関しても、B5では多くの項目が丁寧に集約されたサブメニューを備えている。

M5は項目が多い上に、ダッシュボード前面と中央に操作系が別れていて複雑。似ていても、その実は異なっている。ステアリング、サスペンション、パワートレイン、トランスミッションそれぞれ独立したボタンが備わり、M5をどれだけハードに設定するか、任意に決めることが可能だ。

もちろん、ステアリングホイールには赤く塗られたMボタンが備わり、独自に設定した各機能の組合せを、一発で呼び出すこともできる。

こんなM5のインテリアに包まれながらクルマを考察しつつ、別の自分は既にクルマに夢中になっていて、今直ぐ発進させたいと思っている。反面、アルピナの車内はいい空間だけれど、そこまで高ぶらせる雰囲気ではないと思う。

 
最新試乗記

人気記事