最新G30系アルピナB5 vs BMW M5 スーパサルーン比較試乗 5シリーズのベストとは

2018.06.03


積極的にコーナリングを味わえる

というわけでまずはM5に乗って道路へ出た。すると、V8エンジンからの雷鳴のような、新しくも人工的なサウンドが、自分の中から響いているように感じられる。本質とは異なる情報だけれど、スピーカーからの人工的なサウンドは本当に必要だったのだろうか。

パワーもトルクも、車重も近似していて、同じトランスミッションを搭載し、0-100km/hの加速時間も似通っている両車。明確に気になったことは、その程度だった。

B5の発進加速はまるでカタパルト発進のようだが、M5は、ドンと大砲に打ち出されるように、地平線めがけて激しく突き進む。全開加速時には、ドライでスムーズな直線路で4輪駆動モードにしていても、タイヤは瞬間的にスピンをさせる。エンジンは深くシャープな怒号を響かせ、スリリングさを助長させる。

加えて、明らかにA地点からB地点への移動も、M5の方が速いはず。B5よりもフロントタイヤは太く、リアタイヤは細いM5だが、2tもある車重によるアンダーステアを抑えることが目的だろう。直進状態からのレスポンスが鋭いステアリング設定もあって、積極的にコーナリングを味わいたいと思えるのだ。

ノーズをエイペックスに向ければ、一切の不安感なく、重たいボディ後半も追従してくれる。アルピナとの並走を楽しもうとも思ったが、M5は熱く飛ばして欲しいと、主張してくるのだった。

 
最新試乗記

人気記事