最新G30系アルピナB5 vs BMW M5 スーパサルーン比較試乗 5シリーズのベストとは

2018.06.03


両車の微妙な味わいの違い

アルピナはどうなのか。M5の仕上がりに欠点があるとは思わないが、アルピナ流の仕上がりの高さにも、すぐに納得できるはず。

M5での、プラスαの速度域によるドライブに、リラックスという言葉は不釣り合いだし、それに対して疑問も持たないだろう。しかし、高速域でもリラックスできるクルマというのは、運転に対して自信を与えてくるもの。ドライバーに自信を持たせてくれるという要素は、優れたハンドリングを備えたクルマの証だと思う。

そして、リニアなステアリング、重量配分、そして重要な全体的なフィーリングの3点において、M5よりB5の方がわずかに優れていると感じる。

M5は、2tもの車重を持ったサルーンとして、ボディコントロールの面で明らかに優れているし、アンダーステアもしっかりチェックされている。しかし多くのひとにとっては、B5の方が空いた一般道でよりナチュラルで、懐が深く、安心感の強いドライビングを提供してくれるはずだ。ブレーキのフィーリングも、オプションのセラミックローターを搭載するM5よりも優れている。

その一方で、B5のすべての設定を最も穏やかな状態にして長時間過ごしてみると、M5はラグジュアリー・サルーンとして突出した印象を与えてくれることに気づく。乗り心地はB5との共通性が感じられるが、ボディコントロールに関しては若干ではあるけれど、M5の方がわたし好み。

M5のV8が発する存在感は常に強いとはいえ、どちらか一方に明確な弱点があるとは、わたしを含めて感じることはないだろう。

 
最新試乗記

人気記事