最新G30系アルピナB5 vs BMW M5 スーパサルーン比較試乗 5シリーズのベストとは

2018.06.03


非日常と日常とのバランス

この比較で最も注目すべき点は、新しいアルピナがM5を凌駕していると感じる反面、M5は別の側面で、それを上回る仕上がりを得ていること。そういうわけで、今回の勝者を決めることはかなり難しいものだった。

以前のM5は、心から満足できるようなドライビングフィールを得ていなかったこともあり、ここまでの印象を得ることはなかった。しかし今回のモデルは、すべての面で大きな飛躍を得ており、実際、極めて速い。

新しいM5の非常にエキサイティングな仕上がりは、V10エンジンを搭載していた、8年前の輝くべきE60 M5以来だと思う。さらに日常的な乗りやすさの面では、1990年代のE34 M5の精神を受け継いでいるようにも感じられる。

本当に卓越したモデルだと思う。

さて、この比較の評価軸としては、いかにエキサイティングで、かつ優れた満足感を得られるか、としたい。

仮にこれがスポーツカーとしての比較なら、M5の方が有利だったかもしれない。しかし今回はスーパーサルーン。ワインディングというよりも、ひとを乗せて長距離を走ることが本来の目的のクルマだといえる。

アルピナは角が取れた存在で、その熟成された類い稀な存在感は、M5ほどの直接的な表現ではないかもしれないが、十二分な説得力がある。わずかな欠点も帳消しにできるほどの、より秀でたパフォーマンスをM5が持っていても、アルピナの方に心が傾いてしまうのだった。

そういう訳で、非日常的な運転を心から楽しめるだけでなく、日常的にも気張らずに過ごせるモデルとして、わたしはB5を今回の勝者としたいと思う。

 
最新試乗記

人気記事