[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

ポルシェ911 GT3 RS マン島TTコースの地で味わう比類なきコース、比類なきクルマ

2018.06.03


リスクと隣り合わせの自由

ロードカーとは思えない素晴らしいノイズを発するエンジンと、陶酔するほどのグリップレベルを発揮するダンロップのタイヤ。気付くまでに少し時間がかかったが、ダウンフォースが機能するのを一般道で体験したのは、恐らく初めてだったと思う。

ただ、自制心は必要だった。GT3 RSは、0-100km/h加速を3.2秒でこなす俊足なのに、加速の印象は意外にも薄味。でも、ブレーキとグリップは依然として強力。それらが組合わさるスピードには、誰もが間違いなく魅了されてしまうだろう。

丘の上に伸びるカーブを目一杯の速度で抜けたとしても、クルマは浮き上がることもピッチングもせず、ボディーロールもほとんど看取できない。フロント、リア共にヨー方向の無駄な動きも感じられない。低速域で急激なスロットル操作をしない限り、アンダーステアやオーバーステアは発生しないだろう。ひたすら、狙い通りに曲がっていく。

これこそ、911GT3 RSを強くプッシュしたくなる理由のひとつ。自分の操作に対して、どの様な挙動を示すのかが、とても分かりやすいのだ。

どの程度の操作でテールスライドが始まるのか。

滑り出しの速さはどれ位か。

修正する必要があるのかどうか。

夢中で島を駆け回ってる最中、一度ヘアピンで不意にテールアウトしてしまった。山岳路というよりも、初心者向けの斜面というような場所だった。

例え制限速度はなくても、リスクが制限されることはない。このことに改めて気づいて自問し、クルマを楽しみたいという気持ちを抑えて、引き上げることにした。

 
最新試乗記