スズキ・スイフト・スポーツ vs VWアップGTI 攻守交替なるか

2018.06.23

初代ゴルフGTI再び?

ヴォルフスブルクが、最小モデルのアップにGTIを設定すると発表した際の反応は様々だった。好意的な意見では、その軽さと、小柄なボディ、さらには引き上げられたパワーを組み合わせたアップGTIを、初代ゴルフGTIの精神を受け継ぐものとして歓迎した。一方で、アップGTIのスペック表から、このクルマは、初代ゴルフGTIへの郷愁を利用しようとするマーケティングの産物だと断じて、快く思わないものもいた。

いずれにせよ、アップGTIは登場とともに、かつてスイフト・スポーツの指定席だった場所へと巧みに滑り込んできた。では、このベイビー・フォルクスワーゲンが、このクラス最高の1台なのだろうか? それとも、最新のスイフト・スポーツが依然としてその地位を守っており、残りの記事をさっさと読み終えて、1500ポンドのスペシャルディスカウントが終了する前に、急いでスズキのディーラーへ電話をするべきだろうか?

アップGTIのスペックを見れば、まったく勝ち目などないと思うかも知れない。このクルマが積む999cc 3気筒エンジンのパワーは115psに過ぎず、トルクはスイフト・スポーツの23.5kg-mに対して、わずか20.3kg-mだ。さらに、スイフト・スポーツの車重が975kgに留まる一方、アップはやや太めともいえる1070kgにも達する。


スペックのうえではスズキの完勝である。しかし、このクラスでは、スペック上での比較などそれほどあてにならないのもまた事実なのだ。より重要なのは、そのスペックをどうやって走りに活かすかである。

スズキのスポーツシートに腰を下ろすと、そのドライビング・ポジションが、このクルマがもつスポーツ性を主張してくる。シートのホールド性は十分で、ペダル間隔も、ヒール&トウに適したものだ。対照的に、アップのキャビンはそれほど印象的なものではなく、ベースモデルのシティカーとほとんど変わらない。

明るいチェック柄のスポーツシートは、比較的フラットかつワイドで、スイフトのシートとはまったく異なる仕立てだ。快適ではあるものの、高速コーナーなどで期待されるホールド性を発揮するとは思えない。

ペダル間隔は十分確保されているが、位置が高過ぎるために、足首の角度を適切に保とうとすると、必然的にエンジン回転数が上がりすぎてしまう。

 
最新試乗記