[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

VWゴルフRパフォーマンスパック 試乗 アクラポビッチの音が魅力

2018.06.25

100字サマリー

サーキットをホームグラウンドにすべく、ホットハッチに更に熱を加えたゴルフRパフォーマンスパック。走行性能だけでなく、気持ちを一層高めてくれる、新しいエグゾーストシステムのサウンドも新たな魅力となっています。追加費用の価値があるのかどうか確かめました。

もくじ

どんなクルマ?
安くはない、パフォーマンスパック
どんな感じ?
スピード感を高めるエグゾーストノート
実直なインテリアは従来どおり
「買い」か?
パフォーマンスパックを選ぶか否か
スペック
フォルクスワーゲン・ゴルフRパフォーマンスパックのスペック

どんなクルマ?

安くはない、パフォーマンスパック

フォルクスワーゲン・ゴルフRはお気に入りの1台、というひともAUTOCARの読者の中にはいるだろう。極めて優れたドライビング性能を持っているだけではなく、日常利用という面でも、とても使いやすいクルマだと思う。フォード・フォーカスRSや先代のFK2型ホンダ・シビック・タイプRでは及ばない部分がある。

そんな俊足のホットハッチ、ゴルフに、ヴォルフスブルクの本社はパフォーマンスパックを加えることで、さらに熱を与えたようだ。リミッターが外され、最高速度はポテンシャル通りの267km/hにまで高められている。ただし、2ℓ直列4気筒が生み出す、310ps/5500-6500rpmという最高出力と、38.6kg-m/2000-5400rpmという最大トルクには、変更はない。

標準のブレーキと比較して2kg軽量な、Rパフォーマンス・ブレーキも装備。18インチホイールに代わって、スピルバーグという名の19インチホイールが足元を、新しいデザインのリアスポイラーが後ろ姿を、それぞれ引き締めている。

この新しいパフォーマンスパックに要する費用が気になるところだと思うが、オプション単体の価格は2300ポンド(34万円)。そしてこのパックは、3万4255ポンド(513万円)からの、DSGを装備したゴルフRのみが選択できるオプションとなる。つまり、このパフォーマンスパックを得るには、安価な3ドアを選んでも、3万6555ポンドンド(548万円)を準備する必要がある。なかなかの金額だ。

そして、まだ続きがある。

このパフォーマンスパックに合わせて、アクラポビッチ社がゴルフRのために開発した、チタニウム製の新しいスポーツ・エグゾーストが発表された。われわれのテスト車両にも装備されていたのだが、これだけで2975ポンド(44万円)が必要。

つまり今回テストしたような、素敵なゴルフRパフォーマンスパックの値段は、最低でも3万9530ポンド(592万円)となる。そしてこのテスト車両と同じく、5ドアにすると、目も霞むような4万4460ポンド(666万円)に達してしまうのだった。

落胆の声が聞こえてきそうだ。

 
最新試乗記