Cセグメント比較試乗 メルセデスAクラス vs アウディA3 vs BMW 1シリーズ

2018.06.30


コンパクトカーらしからぬインテリア

Aクラスの成功を占うような仕上がりを知るには、まじまじと観察したり、運転する必要はなさそうだ。ドアを開けて目にする、技術的な洗練度合いや、インテリアの極めて上質なしつらえは、コンパクト・ハッチバックではお目にかかったことのないレベルだから。

メルセデス流の、丁寧にデザインされたエアコンのコントロールパネルに加えて、クロームとグロスブラックのトリムパネル。混在するヘアライン仕上げのアルミニウムや柔らかいレザー、アルカンターラに包まれた車内。思わず息をのむ雰囲気は、小さなクルマを充分高級なクルマに感じさせてくれる。シートに腰掛ければ、コンパクトなハッチバックに乗っていることを、しばし忘れるだろう。

思い返すと、およそ5年前、これとほぼ同じ内容を現行のアウディA3でも記しているが、上質な素材を用いていても、ここまでの印象は得られなかった。

そして、ダッシュボードに備わる2面の10.3インチ・ディスプレイが、一層高級感を高めている。ただし、われわれのテスト車両はトップグレードのAMGラインだったが、このディスプレイはメルセデス・プレミアムパッケージのオプション扱い。インフォテインメント・システムの選択という目的だけでなく、この豪奢で未来的な雰囲気作りのためにも選んでおきたいところだが、お値段は2395ポンド(35万円)なり。

シートに座ると、左右対称に美しく並んだクロムメッキのリングが光るエアベントが、ダッシュボード両端とセンターコンソールに並ぶ。そこに、ダッシュボードから浮いているように、高解像度の美麗なモニターが2台鎮座し、Aクラスの雰囲気を決めている。インストゥルメント・パネルには、ひさしのような部分は備わらない。まるで、メルセデス製の大型サルーンがもつダッシュボードと、まったく同じ光景が広がるのだ。

 
最新試乗記

人気記事