試乗 三菱ショーグン(パジェロ)・スポーツ 英国で復活 高いオフロード性能

2018.07.02


「買い」か?

メジャーになるには難しい

三菱は、英国でのショーグン・スポーツのマーケットを小規模ながら明確に設定している。牽引力や大きな荷物の運搬を求めるひとにとって、この新しい4輪駆動モデルは間違いなく歓迎されるクルマだといえる。定常的に大人6名の定員を必要としているひとや、仮に世界大戦が起きても、耐え抜けるようなクルマを求めているひとにも、適していると思う。

ただし、特定のひとにとっては信頼が置ける仕事の相棒になりえる一方で、ライバルと比較すると、劣っている部分も少なくない。例えば、C02排出量は227g/kmとなっているが、キア・ソレント2.2の上位モデルは170g/kmだし、同程度の出力を持つランドローバー・ディスカバリー・スポーツTD4は177g/kmと、かなり劣勢。これはすなわち燃費で劣ることを意味しているから、ランニングコストも高く付いてしまう。

さらに、7シーターのライバルモデルが備える車内空間の広さや、先進的な技術、オンロードでのマナーなど、より広い視点でみると、やはり説得力では劣ってくる。

ショーグン・スポーツを英国の道で目にする機会はあっても、メジャーな存在になるのは難しいだろう。

三菱ショーグン・スポーツ4のスペック

価格 3万9775 ポンド(588万円)
全長×全幅×全高 4785×1815×1805mm
最高速度 180km/h
0-100km/h加速 11.0秒
燃費 11.6km/ℓ
CO2排出量 227g/km
乾燥重量 2105kg
パワートレイン 直列4気筒2442ccターボ
使用燃料 軽油
最高出力 181ps/3500rpm
最大トルク 43.7kg-m/2500rpm
ギアボックス 8速オートマティック

 
最新試乗記