マツダ・アテンザ改良型 2.5ℓガソリン・セダンを評価 ディーゼル車も試乗

2018.07.06

車内は? 静粛性、走行前/走行中の差

さらに驚くのはインテリアのフィニッシュで、マツダ初となるシートベンチレーション機能を備えた、素晴らしい座り心地とホールド性を感じさせるシートや、フラッグシップらしい高級感と、独特な落ち着きを感じさせるダッシュボードトリムに身を包まれていると、このキャビンこそが新型アテンザが持つ、ライバルに対しての最大のアドバンテージと思えてくる。

ドアをクローズした時の重厚感のある音が聞こえた瞬間、このキャビンは外界の喧騒とは完全に隔離された空間になる。これもまたアテンザの車格というものを直接的に感じさせるもの。

2.5ℓの自然吸気ガソリンエンジンと6速AT「SKYACTIV-DRIVE」との組み合わせによる加速は実にスムーズに始まるが、高回転域でのメカニカルノイズが、フラッグシップとしての高級感を若干ではあるが損なっていることが気になった。
 

 
最新試乗記