新型車カローラ・スポーツ ハイブリッド/ターボ公道試乗 AVSの評価は?

2018.07.07

どんな感じ?

試乗:ハイブリッドG Z(AVS車)

「スポーツ」というサブネームが付くとホットハッチを想像するが、じゃじゃ馬的要素は皆無と言ってもいい。シリーズでは最もスポーツ性の高い設定になるAVSをOP装着した最上級グレードのG Z系で、AVSがハードセットとなる「スポーツS+」モードを選択しても荒々しさはない。標準サスに比べると路面の微妙な凹凸に若干神経質な部分もあるが、短いストロークをしなやかに使い、適度な穏やかさを兼ね備えている。

逆に言えば、尖ったスポーツ感覚を求めるドライバーには緩いと思われる可能性がある。


AVSの制御は、

・コンフォート(走行モードはコンフォート)
・ノーマル(エコ・ノーマル・スポーツS)
・スポーツ(スポーツS+)

の3モードが設定されるが、操舵感や挙動のメリハリは変わるが、操縦感覚も操縦性も大きくは変わらない。どのモードを選択しても加減速や路面のうねりの影響少なく、操舵に素直なラインコントロール性を示す。

タックイン等々の小技の利かないタイプだが、だからこそコーナリング中の加減速は容易であり、速度と舵角を連携させた走行ラインのマネージメント領域が広くなる。初見のワインディングも安心して操れる。

 

 
最新試乗記

人気記事