新型車カローラ・スポーツ ハイブリッド/ターボ公道試乗 AVSの評価は?

2018.07.07

「買い」か?

ハイブリッド約242万円~/ターボ約214万円~

国産コンパクトカー相対ではツーリング&スポーツ適性がカローラ・スポーツの見所である。全車に標準装着された「全車速型ACC」と「半自動操舵型LKA」を考えれば、ツーリング用途では輸入車を含めても同車格の最高峰と言ってもいいだろう。

経済的な実用車としてカローラ・スポーツを図れば、割高な印象も伴う。最も安価なターボ車のG X(FF)でも約214万円である。内外装の質感や実践的ウェルバランスでまとめられたユーティリティだけでは回収が難しい。

しかし、前記したように走りの志向や運転支援装備、本領を発揮するまではまだ時間が掛かりそうなもののコネクティッドカー機能等々を考えた時のコスパは、圧倒的と言っても差し支えない。これに関しては走行ハード面で姉妹車の関係にあるプリウスやC-HRと比較すると分かりやすい。

1.8ℓハイブリッドはNA仕様なら2ℓ級、1.2ℓターボは1.8ℓ級に相当し、1.5ℓを標準とした従来までの「カローラ」で見れば付加価値を高めた車種でもある。

ちなみにアクシオのハイブリッドは1クラス下の1.5ℓハイブリッド搭載で約207万円からの設定。約35万円の価格差があるが、1ランク上のパワートレインに上級クラスに劣らぬ充実した運転支援機能、先進のIT技術搭載となれば従来路線と比較してもコスパは同等以上。内外含めて250万円クラスのクルマの購入を考えているユーザーには間違いなく、いま最も注目しなければならないモデルである。
 

 
最新試乗記

人気記事