海外試乗

2018.07.11

試乗 BMW M3 CS F80系に有終の美 高額すぎるスペシャル

BMW M3 CS

テスト日 : 2018年7月4日

価格 : 8万6385ポンド(1261万円)

文・マット・ソーンダース 


明確なキャラクター性に欠ける

BMWは、M3コンペティションパックよりもわずかにタイヤサイズを下げることで、ステアリングレスポンスやハンドリングを改善させたとしている。この点は、わたしもある程度は同意できる。クルマは常にサーキットを飛ばしているわけではないのだから。

高速道路のジャンクションやランナバウト(ロータリー交差点)などでコーナリングする直前、タイヤはカーブめがけて充分に向きを変えている必要がある。切りはじめのステアリングレスポンスがよく分かる場面。刀のように鋭いステアリングを持つジュリアが登場する以前なら、その挙動を気にすることもなかったかもしれない。アウトバーンでの高速走行でのスタビリティを考えると、ジュリアのハンドリングは際立っていた。

反面、今回BMWの取った手法は、クルマのアジリティ、俊敏さを鈍らせてしまうことにもつながる。また、これはクルマの包括的なキャラクターを左右する部分でもあり、ライバルモデルと比較すると、仕上がりは正直わたし好みではなかったりする。

アルファ・ロメオ・ジュリア・クアドリフォリオの、外科用メスのように鋭いハンドリングは間違いなくベストだといえるし、メルセデス-AMG C63Sのドリフトマシン的な性格も特徴的なもの。一方でM3 CSの持つキャラクターは、そのような簡潔な表現が難しい。

next page鈍るダイナミクス性能での輝き

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ