[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

BMW X2に試乗 2ℓ直4ターボ搭載車、価格をもとにスペックを評価

2018.07.17

2ℓ直4ターボ、走りの印象は

バリエーションは18iと20iのそれぞれにスタンダードとMスポーツXが用意されて、合計4モデル。プライスはX2 sドライブ18iの436万円から、xドライブ20i MスポーツXの515万円の範囲にある。

今回の試乗車は最も高価なxドライブ20i MスポーツXに、20インチホイール&タイヤなどのオプションを装備した、585.3万円のクルマだった。

そこでまずはドライバーズシートへ。広報資料には「ドライバーを中心においたコンセプトと調和させるため、低重心のシートポジションが設定され」、とあるが、実際にそこに腰を落ち着けてみると、SUVとして特に低いという印象は感じなかった。ただシートの形状はスポーティで、身体をよくホールドする。

2ℓ直4ターボエンジンは、192ps/5000rpmのパワーと28.6kg-m/1350-4600rpmのトルクを発生、対する車重は1620kgという関係。したがって、軽く踏めばごく普通のペースで、深く踏み込めばそれなりに力強く、X2は加速していく。

総じてパフォーマンスは、上りのワインディングロードでも充分に活発といっていいレベルにある。

シフトパドルを備える8段ATは変速をスムーズに決めるから、滑らかな加速を提供してくれる。

その一方でこのエンジン、決して静かではなく、常にそれなりのサウンドを発している印象がある。クルマのキャラクターを考慮して、敢えてそうしているのだろうか。

 
最新試乗記