試乗 新型フォード・フィエスタST 2018年最高の仕上がり

2018.07.27


フィエスタとして初めてLSDを搭載

さらにフィエスタとしては初めて、リミテッドスリップデフ(LSD)が搭載されたこともあり、当時のフォーカスRS以上の楽しさをSTは身につけている。初代フォーカスRS同様、英国クワイフ社の機械式LSDで、コーナリング中に内側のホイールにブレーキを掛けるトルクベクタリング・プログラムと併せて機能する。

リアサスペンションのトレーリングアスクルにも手が加えられている。技術者が最も注力したであろう、トーションビームのセットアップでは、指向性を持って巻かれた、カーブしたスプリングが組み合されており、コーナリング時の高い負荷に耐えられるようになっている。

リアにはテネコ社製のモノチューブ・ダンパーを装備。ダブルバルブとすることで、速い周期にも、遅い周期にも、より自然な減衰力の発生を実現している。ちなみにフロントはツインチューブ式となる。

フィエスタSTの購入者のうち、約70%がトップグレードのST-3を選択すると予想しているフォード。その場合、17インチのホイールは、18インチのものに置き換えられる。どちらのホイールにもタイヤは、常に素晴らしい記憶を残してくれる、ミシュラン・パイロット・スーパースポーツが組み合わされる。

さて、予習はこのくらいにして、イングランド南部の道を走ってみよう。

 
最新試乗記

人気記事