試乗 新型フォード・フィエスタST 2018年最高の仕上がり

2018.07.27


「買い」か?

味わわないのがもったいない

間違いなくオススメできる1台。850ポンド(12万円)のパフォーマンス・パッケージの選択も積極的に勧めたい。また、600ポンド(8万円)のオプションとなるLEDヘッドライトも、アピアランスを引き立てるだろう。

日常利用前提のドライバーにとっては、ハードなシャシーを持つフィエスタを選択するべきではないとは思う。でも、AUTOCARの読者なら、クルマの持つダイナミクス性能こそ、クルマのアピールポイントだと捉えているはず。クイックなステアリングは、都市部でのドライブのためだけではない。燃費も大きく向上し、これほど運転が楽しめ、車両価格もお手頃なクルマが、ほかにあるだろうか。

確かにライバルは存在する。このニッチマーケットともいえそうなカテゴリーには、面白いことに、多様な役者が揃っている。特にヤリスGRMNは、フィエスタST並にスリリングなドライビングを楽しめつつ、特別感も強い。フォルクスワーゲン・ポロGTIは、肩を並べる速さを持ちつつ、日常利用では上手。ミニ・クーパーSはより円熟した走りと、特徴的な車内空間を持っている。加えてルノー・スポーツは、新しいクリオにホットバージョンを追加するだろう。仕上がりが楽しみだ。

そして、このフィエスタST。速度域を問わず、快適で満足感の高い走りを提供してくれる。この手のクルマにとっては、いちばん重要なポイントだと思う。優れた従来モデル以上に洗練性を高め、ハンドリングは紛れもなく秀逸。

フィエスタをSTとするために、メカニカルな部分にまで手を加えたフォード。その仕上がりを味わわないなんて、もったいない。

フォード・フィエスタSTのスペック

価格 1万9845ポンド(289万円)
全長×全幅×全高 4066×1722×1452mm
最高速度 231km/h
0-100km/h加速 6.5秒
燃費 16.6km/ℓ
CO2排出量 136g/km
乾燥重量 1262kg
パワートレイン 直列3気筒1500ccターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 199ps/6000rpm
最大トルク 29.5kg-m/1600-4000rpm
ギアボックス 6速マニュアル

 
最新試乗記

人気記事