[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

AMG C63 S、フェイスリフト 2018年型に初試乗 不動のクラス王者

2018.08.02


英国ではクーペが人気だけれど

最も脂ぎったコテコテのAMGをCクラスで味わいたいなら、C63 Sがその期待に応えられるモデルだといえる。AMGがハンドリングの正確性に大きな影響を与えるという、ダイナミック・エンジンマウントに新しいデザインの19インチホイール、GPS軌道測定装置、AMGパフォーマンスシートなどを装備。C63の最高速度が249km/hとなるのに対し、C63 Sは289km/hに到達するのだから。

同様に、新しいトラクションコントロール・システムもC63 Sにだけ装備され、ボディタイプもサルーン(セダン)の他にステーションワゴン、クーペ、カブリオレから選択できる。C63のライバルで、これほど幅広い選択肢を持っているモデルはない。この点も、適度なボディサイズを持つドライバーズカーとしての魅力を高めており、あえて指摘するような大きな欠点は、もはや見当たらないといえる。

英国の場合、C63の中ではクーペが一番人気で売れているが、サーキット脇のピットレーンにこの4車種を並べてみると、その理由もうなずける。クーペは車高が低く、美しく弧を描いたボディラインを持ち、エアロダイナミクスを向上させるボディキットが、他のどのボディタイプよりも映えるのだ。車幅も広く、ホイールの幅も広い。低構えたボディには、4ドアサルーンよりも締め上げられたサスペンションを備えている。ただし、車重はサルーンよりも65kgも重くなる。

われわれは今回のテストでC63 Sのサルーンとクーペに試乗したが、わたしはいくつかの理由でサルーンの方が良いと感じた。

まずはインテリアから詳しく見ていこう。

 
最新試乗記